外貨預金もFXも為替レートの差益による利益を

外貨預金もFXも為替レートの差益による利益を狙った外貨投資法です。

外貨預金と外国為替証拠金取引では利用金融機関が異なり、外貨預金は銀行や信用金庫を利用し、外国為替証拠金取引は、証券会社やFX業者を利用します。

外貨預金は預金により、お金を増やすため、為替レートがゼロまで落ち込まなければ資産が完全になくなることはないですが、FXの場合は資産を全て失う可能性があります。
株が初めての方だけでなく、株式投資をする方の大多数はなるたけ手数料がチープなネット証券に口座を持つのがよいと思います。どうしてかというと、株式を売買する時の手数料が安上がりなら株式投資の売買が至って状況に応じてできるからです。株式の買い方が初心者にとっては理解しづらいでしょう。

証券会社の担当者から具体的な目安を教えてもらったり、株式投資に慣れている知人に詳細を話してもらうなどして、株式の買い方を教わると良いでしょう。

また、デモトレードに試して、勉強してみるのもいいかもしれません。FXにおけるシステムトレードというものは事前に売買ルールを定めておき、裁量を交えることをせず注文する取引方法のことをいいます。

ツールを用いることが多く、取引の時に、精神的なストレスをあまり感じず、注文をためらわずにすむのがメリットです。ただし、システムトレードでは、市場の急激な変化への対応が困難です。FXでリスクを負わないためには暴落の危険性をきちんと念頭においておくことが重要です。

暴落するようなことがないとしても一応はリスクの可能性を考慮したトレードをしてください。

FXに絶対という言葉はありえないので多少のリスクを伴うかもしれないと考えるようにします。
例えば、ドルの場合は利益が少ないですが、その分、リスクにつながることも少ないです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ